脱毛方法の中で一体一番良いのはどれなのか?

レディースシェーバーや家庭用脱毛器による自己処理から脱毛エステサロンでエステティシャンに施術してもらうのではどれが一番おすすめなのか?各脱毛方法を徹底比較

意外に高い自己処理にかかるコスト!各脱毛方法と比較

できることなら、エステで脱毛したい。でも、脱毛に行くのは高いから……と、自己処理を続けている人は多いのではないでしょうか?

自己処理ならたいしたお金もかかりませんし、カミソリや毛抜きなら100円ショップでも売ってますよね。ただ、自己処理にどれぐらいのコストがかかっているのかご存じでしょうか?

自己処理の方法にはいろいろあります。カミソリ、毛抜き、電気シェーバー、除毛クリーム、ワックス脱毛などがありますね。それぞれいくらぐらいのコストがかかるのか、ちょっと計算してみましょう。今20歳だとして、今後50歳ぐらいまで、30年間自己処理を続けた場合のコストです。

自己処理するのはワキ、腕、脚、Vラインとします。

【カミソリ】カミソリでの自己処理をするのは、あまりおすすめできません。肌への負担を最小限に抑えつつ自己処理するにはカミソリを1回ずつ使い捨てることが重要です。その場合はいくらぐらいのコストがかかるのでしょうか。

3本入り198円の安いカミソリを使ったとして計算してみましょう。週に2回のペースでお手入れをする場合は、1か月で9本程度。1年間では108本、30年間では3,240本のカミソリを使います。3本で198円のカミソリなので、総額は213,840円になります。

【毛抜き】毛抜きはもっともコストがかからない自己処理方法です。毛抜き1本あれば良いのですから、100円あれば大丈夫、ということになります。

ただし、毛抜きで脱毛する場合は非常に時間がかかるので、時間的な損失は莫大になります。1回のお手入れで1時間かかるとして1か月に2回処理するとしたら、1年間で24時間、30年間では720時間をムダ毛処理に費やすことになります。

【電気シェーバー】電気シェーバーも、比較的コストのかからない自己処理方法です。5,000円程度の電気シェーバーを5年ごとに買い替えたとすると費用は3万円で済みます。電気シェーバーなら自己処理にかかる時間も少なく、肌への負担も少ないのが良いですね。ただし、カミソリで剃った時のようにきれいな仕上がりにはなりにくいのが難点です。

【除毛クリーム】除毛クリームは1本1,000円程度で売っています。でも、1回のお手入れで半分ぐらいは使ってしまいますよね。1週間に1回お手入れをするとして、1回に半分使うとしたら、1か月で2本半程度使うことになります。

すると1年間で30本、30年間では900本の除毛クリームを使うことになります。かかる費用はなんと、90万円になります。

【ワックス脱毛】脱毛用ワックスは、除毛クリームほどたっぷり肌に乗せるわけではありませんが、それでも1回あたり100g程度消費します。1か月に1回処理する場合、1年間では1.2?s、30年間では36?sのワックスを使うことになります。

脱毛用ワックスの価格はピンキリですが、300g程度のものの場合、輸入品の安いワックスで1,000円程度、国産の無添加ワックスで4,000円程度です。1,000円のワックスを使った場合は12万円、4,000円のワックスなら48万円かかる計算になります。

こうして見てみると、自己処理は意外と費用がかかっているものですよね。

エステの脱毛なら、40万円出せば回数無制限の全身脱毛ができてしまいますよ。ワキ、腕、脚、Vラインの脱毛をするなら、20万円程度で十分脱毛できますし、「うっすら毛が残っても自己処理が要らないぐらいになればいい」ということであればもっと安いです。

脱毛の必要性はコストだけでなく、自己処理から解放されてきれいな肌を取り戻せる、という大きなメリットもあります。ここでは単純に自己処理にかかる費用のみを計算しましたが、肌が炎症を起こしたり色素沈着してしまったりして治療したら、さらに費用はかかります。

何十年にもわたって、肌にダメージを与え続けながら自己処理を続けるのはコストの面からみても得策ではない、ということがわかりますね。

さらに詳しくまとめられているページはこちら
レーザー脱毛・フラッシュ脱毛・ワックス脱毛・ニードル脱毛・シェービングおすすめの脱毛方法比較

脱毛効果が高くておすすめの方法5選

ミュゼプラチナム

全国に157店舗、海外にも進出していて14店舗ある。店舗数が非常に多く会員数が200万人を突破している知名度トップの脱毛サロン。会員からの紹介で新規来店のお客様と紹介した会員に脱毛パーツが一回無料で付くサービスがあり、一ヶ月に最大46046人の新規来店があり、新規来店の3割が紹介できている。500円で通い放題の割引プランなど頻繁にキャンペーンを行っている。返金システムもあり、メディアでも取り上げられているので安心して通える。

ケノン

楽天脱毛機連続180週一位の家庭用脱毛器。男女兼用で日本製でほぼ全身脱毛できる。2014年から2015年にかけて照射面積を7㎠から9.25㎠にに拡大し家庭用脱毛器の中で圧倒的な地位を確立しより広範囲脱毛できるようになった。VIO・アンダーヘアにも使用でき自分でするためこっそりできる、自分だけの機器のため清潔であり除毛クリームやぬいたりではないので痛みが少ない、広範囲高出力で狙った部位を確実に脱毛できる、3つの点からデリケートな部分の脱毛にも支持されていている。

ブラウン レディーシェーバー シルク・エピル レッグ&ボディ

なめらかな丸型のヘッドが上下に動き、しかも女性のボディーラインにぴったりフィットして使いやすい。腕や足だけでなく脇やビキニラインも可能で使用後は全体を水洗いができるので使った後すぐに洗うことができ衛生面にもいい。電池式で防水設計なのでお風呂でも使え、カミソリで剃るよるもツルツルな仕上がりで人気の女性用の電気シェーバー。

湘南美容外科クリニックで脱毛

診療をしてからの施術のため脱毛初心者でも安心できる。医療レーザーで毛根の下の部分まで照射され回数が少ないのに脱毛効果が高く、半永久的に効果が続く。初心25%割引、学割、シニア割引などクリニックなのに表示価格よりもさらに安く脱毛でき返金保障システムあり。全国36店舗展開で医師が多く在籍、フォトギャラリーやモニター体験談も充実していてモニター症例件数は日本一。

プレミアムリムーバーミルク

面倒なムダ毛処理が簡単スピーディーにできる男女兼用の除毛クリーム。アンダーヘアの脱毛クリームとして長年愛用され長い間除毛クリームランキングでも上位をキープ。除毛効果、肌への優しさ、使いやすさを研究を重ねたアンドビューティーが開発した自信作。剃るよるも断然いいと除毛効果は口コミNO.1、男性の濃いすね毛も一発除毛、美肌成分配合でお肌にもやさしい低刺激により満足度が高い。

 
Copyright ©2015 脱毛効果が高いのはどれ?いろいろな脱毛方法を比較. All rights reserved