パイナップル豆乳除毛クリームでムダ毛処理した男性の口コミ

スネ毛が濃すぎて同級生からもからかわれていました

昔からコンプレックスだったのはスネ毛です。もともと濃い目なこともあり、中学や高校の頃には体育や部活動の際に体毛の薄い友人を見ては、羨ましいと思っていました。

当時は、バスケットボール部に所属していたため、部活用のハーフパンツを着用するとどうしてもスネ毛が露出するため、周りの友人と比べると、コンプレックスに感じていた部分です。

他のパーツはそこまで濃くなかっただけに、目立って気になり仕方ありませんでした。友人からも毛が濃いことをネタにされたこともあり、何とかして処理したい!と思っていた時期もありました。

当時は気になっては毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりしていました。しかし毛抜きで抜くのは少し痛いですし、非常に時間もかかります。かといって、剃ると濃くなって目立ちますし、剃り跡が残ってしまうために躊躇してしまい、半ば諦めてしまう時期もありました。脱毛サロンへ通うことも考えましたが当時は脱毛料金も高く今みたいに安い脱毛サロンがありませんでした。

それから暫くは、カミソリを使用していたのですが、そんな中、大学生活を送っていたある日、通販サイトで見つけ鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳除毛クリームを購入し、併用してムダ毛処理を行うようになりました。同じパイナップル豆乳シリーズ商品でパイナップル豆乳ローション、パイナップル豆乳ソープなども出ています。

>> 鈴木ハーブ研究所公式ホームページはこちら

一旦足の毛を処理すると、やはり他の部位の毛もついでに処理したくなり、定期的にお風呂に入っては無駄毛処理をするようになりました。特にワキ毛や胸毛は、毎週のように整えるのが習慣化してしまいました。気分としてはやはり体毛が薄い方が良いです。

ムダ毛処理を習慣的に行うようになってからは体毛のコンプレックスもなくなり、それまでは夏でもわりと長ズボンを着用していたのですが、積極的にハーフパンツを着用して出かけるようになりました。それにより、衣服の選択肢も広がり、ファッションも楽しめるようになったことも良かった点です。

塗って放置するだけというのはすごくラクチン

カミソリで剃った時のように剃り跡が残らず、また肌を切ってしまい出血するようなこともないので、お風呂に入ったついでに気軽にムダ毛ケアすることができるようになりました。

「クリームを塗りすこし置くだけで、あとはシャワーで洗い流せば毛が取れる」という手軽さも便利なポイントだと思います。今まで足にバイキンのようにこびりついていたような毛がサラサラと流れていくのを見るのも快感です。

逆に少し不便だと感じる点は、除毛クリームは成分が毛に浸透して抜けるようになるまで、すこし時間が掛かるということです。脚にクリームを塗ると、入浴時にはお風呂に浸かることもできず時間を持て余してしまいます。

また、クリームを体に塗っていくのにも若干コツが必要で、成分の浸透具合によりムラができたりもします。

そのため、毛に脱毛成分が行き渡らないと上手く毛が抜けないこともあり、見た目が非常にブサイクになってしまうこともあります。その際は、やはりカミソリを使わざるを得ません。

敏感肌の方はクリームを塗りすぎるとかぶれてしまうこともあるようなので、クリームを使うには不向きな方もいると思います。あとは同価格帯の男性用化粧品と比べると内容量が多くなく、少し割高だなと感じてしまう部分もあります。

男性のスネ毛の露出は多いから気になりますよね

剃ると濃くなる、という俗説が広く知れ渡っていますが、剃った毛の幅が太くなるだけで単純に濃くなるというわけではないと思います。

スネ毛はどうしても露出する部分なので、周りの友人に見られることを考えると、わりとこまめなケアを心掛けた方が良いと思います。いちいちカミソリで処理するのが億劫だ、という方には除毛クリームがオススメです。

完全に処理するなら、脱毛器や脱毛サロンという選択肢もありますが、費用対効果を考えるとそこまでお金を掛ける必要もなく、家で手軽に処理できる便利さを考えるとクリームで充分だと思います。コツさえつかめば除毛効果もそこそこ満足できます。

また、スネ毛を処理するにあたり、男性の足がツルツルだと違和感を感じるという方もいるかもしれませんが、個人的にはツルツルの方が清潔感があって良いと思います。

体毛が薄いとシャワーや入浴後に、水分を拭き取りやすいのも便利です。今は、男性もムダ毛処理をする時代だと思うので、体毛の濃さをコンプレックスに感じている方はどんどん脱毛にチャレンジすると良いと思います。

※ パイナップル豆乳除毛クリーム公式サイトはこちら
https://cp.s-herb.com/

 
Copyright © 2015 脱毛効果が高いのはどれ?いろいろな脱毛方法を比較. All rights reserved